wishリストで叶える!夢を叶える速度が加速する書き方とコツ!

wishリストで叶えるアイキャッチ画像スピリチュアル

 

wishリストって聞いたことがありますか?

年始に一年の目標を立てる人は多いと思いますが、人生のなかでやりたいこと、成し遂げたいことをリストにして書いた物を言います。

100個書くのですが、これを書くと「願望の実現が早くなったり、達成できた!」という事がよく聞かれます。

しかし、願望を100個挙げる事が難しく、挫折してしまったという人も。
今回はwishリストの書き方とコツを後紹介します。

wishリストを書いて、あなたの夢を最速で叶えましょう!

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

wishリストで叶う?wishリストってなんだろう?

UnsplashElena Mozhviloが撮影した写真

wishリストは聞いたことがあるけれど、具体的にどのようなものか分からない。
「なんだかアヤシイものなの?」と思う人もいるでしょう。

自己啓発や、スピリチュアルではよく使われている願望実現の為の効果的な方法です。

ただ目標を立てるだけではないというところがポイントです。

 

wishリストとは

 

wishリストは、自分が達成したいこと、叶えたいことを箇条書きにしてリストにしたものです。

夢や願望、興味のあることなんでもかまいません。

自分に正直になって、本来の願望を叶えて幸せになるという素敵な方法です。

「こんな願望恥ずかしくて人には言えない。」という事も、このリストを作成する時は関係ありません。

自分に正直になって、どんな自分も受け入れ認めるのです。

本来、自分はそのように生きたいのか、何を求めているのか、無意識に押さえていたものを掘り起こすような事も必要になってきます。

 

wishリストの効果は絶大!

 

自分の中にあって気づいてなかった願望などを認めることで、自分自身を大切にできるようになります。

思っている以上に自分の事を発見することがあるかもしれません。

新しく生きがいや夢を見つけて、なりたい自分に近づく事もできるでしょう。

リストをひとつひとつ達成することにより、達成感や自己肯定感を得る効果もあります。

wishリストを作成することにより、具体的に可視化でき、日常生活で意識できるようになります。

すると、wishリストを達成するための行動ができるようになってくるのです!

「なりたい自分に早く近づけるような感じがする。」という人も少なくはありません。

 

 

wishリストで叶いやすくなる書き方がある?叶える速度を加速させる書き方!

UnsplashAlexander Greyが撮影した写真

とりあえず箇条書きでwishリストを書いていく方法もあります。

叶える速度を加速させたいのならば、wishリストを書く時は、叶いやすい書き方で書くようにしましょう。

書き方をちょっと変えるだけで、叶いやすいwishリストを書く事ができますよ。

 

使っていて楽しくなるようなノートやリスト用紙、筆記用具を用意しよう!

 

wishリストは書いて終わりではありません。

達成するまでに見返す事も必要ですし、達成したらチェックを入れていきます。

wishリストはどんどん追加して書く事もできますから、進化し続けます。

長い付き合いになりますから、自分が使っていて楽しくなったり、気分の良くなるノートや紙を用意しましょう。

少し背伸びをして、憧れているブランドのノートを使用しても良いですね。

持っていて見返したくなるような物を選びましょう。

書く時に「書きやすいペン」であったり、「好きな色のインク」で書く事もおすすめです。

書いているときに、自分がウキウキできるようなアイテムで書く事は願望を実現する為には重要です。

楽しいという気持ちが、願いを叶える速度を加速させるポイントになります。

 

100個も書ける自信がない!そんな時は…

 

まずは項目に分けてみましょう。

・仕事
・勉強
・趣味
・恋愛
・健康
・美容
・欲しいもの
・行きたい場所
・やりたいこと
・お金

など、項目ごとに書いていきます。

具体的に期限があるものは期限ごとに書いていきましょう(資格試験など)

書く時には「無理かな?叶うかな?」と思う判断は必要ありません。

「こうなったらいいな。こうなりたい。」と思うものは全部書きましょう。

 

何を書いてもOK!他人には宣言しにくい事や、些細なこともリストに加えて!

wishリストは誰かに見せる物ではありません。

他人には宣言しにくい目標、笑われてしまうのではないかと思うような夢もどんどん書いていきましょう。

子どもの頃、反対された夢でも大丈夫。

wishリストは誰かが判断を下すことも否定をすることもありません。

他人が聞いたら「そんな小さなこと?」と言われてしまいそうな、些細な事でも漏らすことなく書きましょう。

そんな小さなこともあなたを作る大切な項目となるからです。

何を書いても笑われたり、馬鹿にされることはありません。

自分の気持ちに素直になって書いていくことが大切です。

 

過去形や現在形(現在進行形)で書いていく

 

wishリストはできれば過去形や、現在形(現在進行形)で書きましょう。

現在形で書くという事は「~したい」「~が欲しい」ではなく、「~する」「~している」「~を買う」「~を手に入れる」という書き方です。

これは、比較的書きやすいと思います。

過去形ですでに叶っているように書く事も効果的と言われていますが、これは慣れないと少し違和感があるかもしれません。

「~しました」「~が手に入りました」など、あたかもすでに叶っているという書き方です。

「~が成功しつつあります。」「~が手に入りつつあります。」という現在進行形で書く事も良いです。

なぜこのような書き方をすすめるのでしょうか。

それは、「~したい」「~が欲しい」という書き方は現在叶っていないことに意識を持っていることになります。

そうすると潜在意識は「足りないことの現実」を引き寄せて叶えてしまうのです。

反対に過去形や現在形(現在進行形)で書くと叶っている事に意識を持つので、潜在意識は「満たされる現実」を引き寄せて叶えてしまいます。

 

違和感のない書き方を選びながら、過去形や現在形(現在進行形)で書いてみましょう。

 

結果が判断しやすいような書き方をする

 

wishリストはその項目が達成できたらチェックを入れていく必要があるので、結果が判断しやすいような書き方を心がけましょう。

ただ「勉強する」と書くよりも「平均点を20点上げる」と書いたり、「ダイエットする」と書くよりも「3キロやせる」「ウエストを5センチ減らす」など具体的に書くと判断がしやすくなります。

あいまいに書いていると「チェックしていいか分からない、達成できたか分からない」とモヤモヤしてしまいます。

達成感を得る事も大切な事です。

結果が判断しやすいような書き方をしましょう。

 

wishリストで叶えるにはコツがある!ただ書いただけではダメ!

UnsplashGlenn Carstens-Petersが撮影した写真

wishリストを書いたから叶う!という訳ではありません。

wishリストで叶えるにはちょっとしたコツがあります。

書いて終わりにしたらもったいない!

wishリストを書いた後の過ごし方をご紹介します。

 

wishリストを時々見るようにする

 

wishリストは時々見るようにしましょう。

100個も書いていたら、全てを覚えていることはないでしょう。

達成できたかチェックするのも大切です。

月に1回や3ヶ月に1回など、期間を決めて定期的に見るようにしてください。

その時に、達成できていたらチェックを入れて、リストを加えたくなったら加えてもいいですね。

 

ピンときたら行動しよう!

 

wishリストを書くと、願望に対して必要な情報が目に付くようになってきます。

意識していなくても、チャンスが巡ってくることもありますので、ピンときたら行動しましょう。

最後は自分が行動しないと何も叶うことはありません。

wishリストを書いていると、普段よりもそのチャンスが早くやってきます。

チャンスを引き寄せる事ができたら、あとはあなたが達成させるだけです。

 

まとめ

 

wishリストは100個項目を挙げ、過去形や現在形(現在進行形)で書いていくことで、夢や願望を最速で叶えていく方法です。

書いた後は定期的に見て、達成した項目はチェックしてきましょう。

達成感を得る事ができ、自己肯定感を上げる事もできます。

自分の本当の願望を知ることもでき、今後の生き方や新しい夢を見つける事もできます。

ぜひ取り組んでみてくださいね!

 

タイトルとURLをコピーしました