片付けられない人は物が多い?片付けられない人が片付ける方法!

片付けられない人は物が多いアイキャッチ画像生活

片付けられない人が多く、社会問題にもなっていますね。

自分が「片付けられない人だ!」と悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

片付けられない人は、家に物が多く雑多な印象があります。

すっきりと片付いたら気持ちよく過ごせますよね!

【仕上がり満足保証】イオングループのカジタク

 

片付けられない人の特徴や、片付けられるようになる方法、きれいに保つ方法をご紹介します

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

片付けられない人の特徴を知ろう

まずは、「どうして片付けられないのか」という特徴を知りましょう。

自分は4つの特徴のうち、どれに当てはまるのか考えてみてください。

片付いていない原因は複数当てはまる場合もあります。

原因が分かれば、対処法が考えられ、今後に生かせるようになりますよ。

部屋に対して物が多い

空間に対して物が多く、物があふれている状態です。

空いている場所に「とりあえず入れておく」買ってきたものを「そのまま床に置いたまま。」収納はパンパン。

そのような部屋はすっきりとした印象には程遠くなります。

何がどこに収納されているのか把握もできていないので、しょっちゅう探し物をしていたり、同じものを何度も購入してしまうことも。

非常に効率が悪い上に、不衛生になりがちです。

物が多いとどこから片付けていいか分からなくなり、収集がつかなくなります。

そのうえ、どんどん物が増えてしまう悪循環を生み出してしまいます。

片付けられない人の部屋は物が多い事がほとんどなのです。

物を捨てることが苦手

「もったいない。」「何かに使えるかも。」そう思って物を捨てることができない。

必要か必要でないかの判断をすることが難しい。

そのような人は物を捨てる事が苦手と言えるでしょう。

捨てなければ、どんどん物は増えていき、あふれかえるばかりです。

片付けとは、必要のないものを捨てて、必要な物を収納しなくてはなりません。

物を捨てる事が苦手な人は片付けられない人の特徴と言えるでしょう。

買い物や収集することが好き

買い物をすること自体が目的で、買ったものはあまり興味がない人や、収集する事が好きな人は物が多くなりがちです。

買い物する行為が目的だと、必要もないのに買い物するだけで、物が増えてしまいます。

物を収集していると捨てる事が少なく、増えるばかりです。

物が増える要因しかありませんので、部屋が片付かなくなってしまいます。

片付けられていない人の部屋には未開封の商品や、たくさんのコレクションがあることも特徴と言えるでしょう。

片付ける方法が分からない

片付けようと思って手を付け始めるけれど、何をどうしていいか分からないという人もいるでしょう。

片付けをする習慣がなく育ったり、手順が理解できないという人はいます。

物があふれすぎていて、どうしていいか分からないのも、方法が分からないからでしょう。

片付ける方法を知らなければ、片付けができるはずはありません。

片付けができない人から「どうやって片付けていいか分からない。」という言よく葉が聞かれます。

片付ける方法が分からないことも特徴と挙げられる所以でしょう。

片付けられない人が片付けられるようになれる方法!

では、どうすれば片付けられない人が片付けられるようになるのでしょうか。

片付けられない人の特徴を知って変わっていけば、片付けはできるようになります。

片付けれれない人は物が多い傾向にありますので、少し時間がかかります。

少しづつ進めていくようにしましょう。

そうすることで、片付けをする習慣ができるようになりますよ!

物を減らして空間を作る

まずは物を減らして空白のある空間を作りましょう。使うものと使わない物に分けます。

なんとなく取ってあるもの、最後に使ったのはいつか思い出せない物もこの際捨ててしまいましょう。

始めは判断するのに時間がかかると思いますが、慣れてくれば早く判断できるようになります。

思い切りがつかなかったものも、回数を重ねていくとアッサリと手放す事ができますよ。

収納や部屋に空間を作らなければ片付ける事ができません。

物を減らせば片付けの手間が簡単になります。

頑張って減らしましょう!

 

一度に全部片付けようとしない

片付けを始めて陥りがちなのが「一度に全部を片付けよう!」と無理をすることです。

部屋が片付けられないのは、昨日今日にの話ではないはずです。

時間をかけて部屋が乱雑になったのならば、片付けも同じように時間がかかります。

ある程度日数をかけて片付けるようにしましょう。

無理をすれば嫌になってしまって、中途半端で辞めてしまうこともあります。

「やっぱり、私は片付けができないんだ。」と自信も失いかねません。

それよりも、少しずつ進めていき、確実にキレイになっていけば、自信につながります。

そのうち片付けが習慣化でき、片付けられない人を卒業することもできるでしょう。

「千里の道も一歩から」です。

 

 

使いやすいように収納する

物が減って、空間ができたら、必要な物だけを収納していきます。

収納をする時は「使いやすいように収納する。」という事を忘れないようにしましょう。

キッチンで使う物を玄関に収納するようなことでは非効率的です。

収納する方法も、ケースがいくつもあったり、みっちりと詰まっていると後々面倒になってしまいます。

継続しやすくするためにも、収納はゆとりがあって、複雑ではないことが大切です。

ワンアクションで終了できるような収納が理想的ですね。

決まったカゴに入れるだけ、ハンガーに吊るすだけなど、なるべく面倒でない方法を選んでくださいね。

片付けられない人が部屋をきれいに保つ方法

きれいに片付けたら、その部屋を保てるようにしましょう。

片付けられない人でなくなるためには、きれいを保てるスキルを身につけなければなりません。

物が減った反動で「また物を置けるようになった!」とリバウンドしてしまう人も少なくありません。

キレイな部屋を保つ方法は日頃の心がけです。

具体的にご紹介しましょう。

一つ買ったら一つ手放す

物が増えないように「一つ買ったら一つ手放す」ことを意識して行いましょう。

部屋の中にある物の個数を増やさないようにします。

物があふれることを防げる上に、収納する場所も古いものと交代するだけなので簡単です。

空いている空間は空いたままで保つことを意識するとよいですね。

床に物を置かない

「ちょっとだけ」「とりあえず」で床に物を置かないようにしましょう。

置いてから、数日そのままという事はよくありますね。

一度置いた物の周りに荷物がどんどん置かれてしまいがちです。

そうしてまた片付けられなくなってしまいます。

床には物を置かない。それだけで部屋の中はすっきりと見えてくるようになります。

床面積は広く保つように心がけます。

使ったものはもとに戻す

使ったものをそのまま出しっぱなしにしていると、どんどん片付かなくなってしまいます。

「使ったら戻す」片付けの基本です。

収納する場所が決まったら、必ずその場所に戻すようにしてください。

当たり前のことですが、その当たり前が大切なのです。

どうしても片付けられない時は業者に依頼する

「頑張って努力しても自分だけではどうにもならない」そうなってしまったら、業者に依頼をしましょう。

部屋の片づけをしてくれる業者が最近増えています。

お金を払う必要はありますが、一度リセットをして、仕切りなおすことも方法です。

おすすめはこちら!イオングループのカジタクです。

【仕上がり満足保証】イオングループのカジタク

カジタクはお掃除だけでなく、片付けを依頼することもできます。

初回はとてもお得に利用できるので、一度試してみたい方にはおすすめです!

経済的に余裕がある場合は、定期的に片付けを依頼するのもよいでしょう。

業者に依頼した後は、きれいに保つ努力をするようにしてくださいね。

 

まとめ

片付けられない人は物が多く、部屋が雑然としていることがほとんどです。

まずは物を減らし、何もない空間を作るようにしましょう。

その後は、簡単に行える収納を心がけ、片付いた状態をキープするようにします。

片付けられない人は物をため込みがちなので、物を増やさない努力が必要です。

一つ買ったら一つ手放すなどルールを決めておきましょう。

どうしても片付けが一人で行えない場合は業者に依頼することもできます。

業者に依頼した後はきれいな部屋を保てるように努力してくださいね。

片付けられない人を卒業です!

 

 

タイトルとURLをコピーしました